日記

中田花奈さん、ありがとう、卒業おめでとう

中田花奈さん、ご卒業おめでとうございます。

約9年間お疲れ様でした。

 

私が乃木ヲタになった時期には、中田さんはアンダーだったのですが、後々知っていくと中田さんの貢献度は凄かったです。

 

乃木坂46を縁の下で常に支えてきた中田花奈さんに感謝の意を込めてこの記事を書きたいと思います。


超高スペックのオールラウンダー

中田さんってよく考えると超高スペックですよね。

多趣味ですし、様々なジャンルで活躍できるポテンシャルを持ってますよね。

 

歌、ダンスは言わずもがな

歌もダンスもめちゃくちゃ上手ですよね。

アンダー楽曲の「三角の空き地」のダンスはきれいとしか言いようがないです。(ボキャ貧なもので)

 

女子校カルテットの楽曲だとソロパートがあって歌の上手さも分かります。

 

ブログもまめに更新

1891記事ですよ。

約2日に1記事ペースですからね。

 

どの記事もメンバーや仕事で関わった人、ファンに対する思いが伝わってきます。

本当に乃木坂が好きなんだな。

 

学力も高い

元々、大学進学を目指して勉強していた訳ですから、基礎学力は高いですよね。

「乃木坂ってどこ?」や「乃木坂工事中」のクイズ企画では、インテリキャラとして活躍してましたね。

頭がいいから、様々なジャンルでラジオトークを盛り上げることができるんでしょう。

 

趣味、特技も豊富

趣味にアイドル、ラップ、ラジオ、麻雀。

特技にダンス、ピアノ、ベース、占い。

 

「中田花奈」という人物を表してますよね。

 

しっかりと個人の仕事に結びついてますし、個性を活かしてますよね。

 

長いアンダー生活

自分の中では中田さんはアンダーの印象が強いのですが皆さんはどうでしょうか?

乃木坂を知るきっかけは選抜であっても、どんどん知ってくとアンダーもいいなってなりますよね。

 

元福神であっても

初期は福神でしたし、「おいでシャンプー」ではフロントです。

 

そこから選抜落ち、選抜に戻るが、再び選抜落ちシングル7枚目以降は約3年半アンダー生活。

 

フロント経験からのアンダーって、かなり精神的に辛いと思います。

 

それでも腐らなかった

乃木坂自体に現在ほどの人気が無く、アンダーメンバーにはほとんどメディア出演の無い時期。

ポジションが下がり、いつ選抜に戻れるか分からない。

 

それでも、着実に仕事を続けていました。

 

自分が中田さんと同じ立場でそれができるだろうか。

簡単なことではありません。

 

アンダーらしさを作り上げていった

アンダーらしさとは、何なんでしょうか?

でも、確かに存在しますよね。

 

選抜入りを目標に、自分に与えられた役割を全うする。

 

中田さんが貫いてきた姿勢そのものだと思います。

まじめに、実直に、確実に積み上げた努力の結果。

アンダーの応援したくなる理由だと思います。

 

乃木坂46の縁の下の力持ちで居続けてくれた

大学進学の選択もあったのに乃木坂に全てをかけてくれた。

いつでも他の道を選ぶこともできたのに残ってくれました。

 

”代打”の役割とは

音楽番組の代打出演は、大変な役回りです。

番組ごとに入る場所が違うんですから、毎回、振り、移動、歌割りが変わってしまいます。

 

シングル発売前後はそれが立て込むんです。

どこを任せても大丈夫」という安定感がなければできない役割です。

 

後輩たちの模範として

アンダーも乃木坂の一員である。

いつでも、どんな仕事でも、どんな役割でも果たす準備をしておく。

今の仕事は、次に繋がっている。

 

中田さんが乃木坂の活動の中で後輩たちに見せて、伝えてきたことではないでしょうか。

 

まとめ

この記事を読んでいる人で現在、結果が出ず苦しいと感じている人、控え役ばかりやっている人。

 

目の前の課題に全力で取り組んでください。

止めない限りは、いつになるか分かりませんが、結果はついてきます。

 

あなたが支えていることで他の人たちがのびのび活躍できるのです。

優秀な上司、先生、指導者は必ず気付いています。

 

どうか諦めないでください。

止めなければ、結果は出ます。

中田さんの9年間を思い出してください。

 

 

改めて、ありがとう、卒業おめでとうございます。


(著作権の関係で画像が使えないので写真集の商品リンクを使いました。)

-日記

Copyright© はるいちの趣味 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.